Sakiko Shimizu

Sakiko Shimizu Sakiko Shimizu

清水咲子。元競泳日本代表 リオデジャネイロオリンピック代表。

Sakiko Shimizu. Rio De Janeiro 2016 Olympic Swimmer.

 

1992年生まれ。兄の影響もあり、4歳からスイミングスクールに通い水泳を始める。
高校3年生のインターハイで優勝を果たし、大学4年の時に出場した日本選手権でも400m個人メドレーで優勝を果たす。
2016年に出場したリオデジャネイロオリンピックでは、400m個人メドレー予選で日本新記録を樹立し、決勝では8位入賞した。
2021年4月の選考会を最後に現役を引退。引退後もテレビなどで水泳の試合の解説を行うなど、指導者として日本の水泳界に貢献したいと考えている。

Born in 1992, Shimizu started swimming at the age of 4, influenced by her older brother.
She placed 1st in the inter-high school championship and the college national championships, both in her senior year in the 400m Individual Medley. In 2016 at the Rio Olympics she set a new national record in the heats of the 400m individual medley and finished 8th in the final.
In April 2021, she retired from competitive swimming after the 2020 Olympic trials and now has ambitions to contribute to the Japanese swimming community as a coach and also through commentary on swimming broadcasts.

Other projects

TOP